HOME  |  ABOUT  |  LINKS  |  BLOG


CALENDAR

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
POWERED
Admin RSS1.0 Atom0.3 jugem
RANKING
フレンチブルドッグひろば
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグ
RECENT POSTS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
ブヒ生活で初めてのこと

昨日は、最高気温2℃って事で
エアコンの暖房を弱にして仕事へ行きました。


勿論ホットカーペットは冬場必須だけど
自動オフタイマーで6時間すると切れてしまうので
私の帰宅する残り3時間....


日中2℃しかならないなんて
きっと余熱でも持ちません。





真冬の寒さのお留守番なんて
今まで何度かあったはずなんだけど....


ブヒ生活16年目にして
エアコンの暖房は初めての事でした。爆
(雪なんて1〜2回降るか降らないかだからね。@濱)





ウエンちゃん暫く潜って温まると
ぬんっと出てくるの繰り返しの巻。笑
(パカっと開いた口元がなんだかムカつくけども。)


Uploaded from an iPhone.
| Senior Life | 13:40 | - | - | |
ニームの木をカミカミ

先日、ホームセンターへ行ったとき....


いつも使ってるカミカミ棒がなかったので
試しにニームの木を購入してみた。




Neem ニームの木

インド原産の植物で、古くから「森の医者」「神秘の樹木」と言われている樹木。インドやアフリカでは、多くの人が虫歯予防にニームの小枝を歯ブラシとして使用。ニームの樹皮には歯周病や歯茎の炎症を防ぐ効果があることが分かっています。


歯周病や歯茎の炎症を防ぐ効果があるとか書いてあると
そそられちゃうわっ。ウホッ


ウエンさんコレで予防しよ....




んっもぅ!! 予防なんかしなくたって....



その手離してちょうだいらわっ!!


どこぞの欲張りばばあかっ。爆笑
してカミカミすること10分....


バリッ( ̄д ̄)エー?!





皮ぐわっ.... 肝心要な皮ぐわっ....
ポロんちょ(  Д ) 。。


Uploaded from an iPhone.
| Senior Life | 12:15 | - | - | |
11歳半の夏は....

買い物して帰ってきて
お迎えの定位置に黒いのが居ない確率
少し上がってきたりな。爆


足早に階段を上がって確認すると....


ウエンちゃん爆睡。ホッ
気づいて起きるまで、そっとしてます。




Zzz....



なんらか... 更年期臭....


んがっ3分もしないうちに
あらっ?! イヤだ!! いつ帰ってきたのー!!
って起きちゃいます。


慌てふためかんでいーよ。笑


なんて思いつつ
ウエンちゃんの元気度を確認する。
何でもない事に心配する11歳半の夏。苦笑


Uploaded from an iPhone.
| Senior Life | 13:30 | - | - | |
ウエンさんの近況纏め

久しぶりの平日休みに滞ったブログを更新するべく....
ウエンちゃんの近況を纏めようと思ったら長くなってしまいました。汗


病気と判明してから、そろそろ2ヶ月になりますが....
ウエンちゃん体調崩す事なく頗る元気です。


今想うに....
あの時不自然に思ったパンティングがなければ
今も病気に気付く事なく過ごしてたかもしれません。


でも、病気と知って多少改善したことが
今のウエンちゃんの元気に少しでも役立っているのなら
飼主として、それはそれは嬉しいことです。


っといって大した事はできないけど
以下纏めてみました。



- 心臓腫瘍と診断されて -


心臓に異常があるわけではありませんが
腫瘍が気道を圧迫しています。涙


当初、不自然なパンティング(人間で言うならば動悸)があり
徐々に悪くなるのだとばかり思っていましたが
※息苦しそうな症状は一週間しない内に改善されてしまいました。
(よくあることなんでしょうか?!)


周りに同じ病気の子がいないのでよく分からず....
知らぬが仏と、次の診察で判る事なので調べてもいません。
(モチベーションが下がるので)


取り敢えず散歩量は今までと変わらず楽しめてます。
走りたいときはダッシュも付き合います。
(10mぐらいならね。笑)







いきなり何?! 至近距離から突進。
ブサイクすぎで笑い転げたわ。爆笑


病気なんて微塵も感じさせない
ウエンちゃんのバイタリティは脱帽ものです。


・血行促進、新陳代謝を活発にする
・リフレッシュ効果



- 心臓腫瘍と診断されて -


食餌から取れる栄養が少しでも多く吸収されればと思い
食材を細かくしたり、すりおろしたりしてます。
画像だと分かり難いですが5mm角ぐらい....


水っぽいデザートが加わったので
土鍋で水分少なめに煮てます。







肉(魚)、野菜、キノコ、海藻、豆、ゴマ、チーズ、ヨーグルト、果物....
肉、野菜、乳製品以外は週3日摂る程度で毎日ではありません。
(何故なら作り置きだから。笑)


・消化吸収のよい調理方法
・免疫力や体温を上げる食材選び
・水素水ヨーグルトとサプリ



- 心臓腫瘍と診断されて -


冷えは万病のもとといいますが
実は今年コタツを出したのは冷え防止対策のため。


代謝は老化とともに劣るし
日中ほぼ寝てるので血流も悪くなりそ
電気に頼らず体温を上げたいとこですが
流石に、そんな若さはございません。笑


ホットカーペット半分点けて
お留守番してもらってます。


あとリンパマッサージをYoutubeで覚え、たまにやってますが
最近は私の腕をポンポンして
揉んでちょうだいってコロンの催促があるほどに。笑
気持ちいーみたいで、されるがままです。







孫を押し退けても我家のアイドル
ウエンちゃん不動の位置。爆笑
(クッキーは与えてません)


・冷え防止対策
・リンパマッサージ



番外 - 心臓腫瘍と診断されて -


心臓に腫瘍があります。っと衝撃の事実を告げられ
居ても立っても居られず購入したのは
ドラッグストアで買ったユーグレナみどりむし(人間用)と
ネットでポチったペット用高濃度水素水です。


水は毎日飲むもの、栄養も毎日摂らなければ生きていけない。
飲んで食べてンコシッコで出す!!このサイクルで生きてるわけですから....
(相変わらずお下品ばばあ)


でも栄養栄養と色々食べさせることは内蔵(消化吸収)に負担がかかり
機能が低下したら元も子もありません。
この2点を選んだ理由は謳ってる事に騙されたとしても
内蔵負担がかからないことと安全性。





ユーグレナは植物性、動物性59種類の栄養素を持ち
植物の持つ細胞壁がなく吸収率は93%とあります。
(因みに食物では40%だそう)
乳酸菌の働きを活性化させる効果があり
栄養素も補え胃腸の健康にも役立ちそうです。


水素は悪玉活性酸素に強力な酸化作用があり
細胞の隅々まで入り込み活性酸素と結合
水となって排出されるとあります。
ミネラル0にしたのはユーグレナの常用で
ミネラルの過剰摂取を避けるため選びました。


ユーグレナサプリを飲んでから
※息苦しそうな症状は一週間しない内に改善され
(11.65→11.4kg 痩せて圧迫が軽減したとか??)


水素水を飲んでから
瞳の輝きが違うよな....
鼻の下の色素が黒くなったよな?! あれっ美鼻?! 笑
(季節的なもの?? 気のせいとか??)


ま、イボはとれませんな。爆笑


信じる信じないってな代物ですが
体調がとても良いので続けてます。
因みに医師から処方されてる薬はありません。


最後まで読んで頂きありがとうございました。


See you around!!
| Senior Life | 12:47 | - | - | |
老化チェック


老化チェック!!!


ウエンちゃんもやってみました。
1問1点(ややありは0.5点にしてます)
10項目目【心構え】はNOの数をカウントです。



【ボディチェック】

筋肉が衰え全体に痩せてきた
関節の変形や腫れ痛みがある
身体にしこりができた(手術予定です)
肉球が固くカサカサになった
口臭がキツくなった(臭いときある)
ぐらつく歯がある
鼻が乾いていることが多い
目が白っぽくなった(核硬化症だし)
人間で言う白髪が目立ちはじめる(ブリンドルは目立つ)
呼吸するたびにゼーゼーと音がする

3.5





【睡眠】


昼間、寝ている時間が増えた
夜、あまり眠らなくなる
名前を呼んでも反応しない
雷や大きな音に反応しない
睡眠中、体に触れても反応しない(一緒に寝てるときはあんま反応しない)
家族のそばで寝たがる(ぺったりが多くなった)
寝場所の好みが変わった
夜間に家の中を徘徊する
夜、単調な声で鳴き続ける
イビキがひどい

1.5





【排泄】


トイレが我慢しづらくなっている
粗相やお漏らしをするようになった
おしっこが出にくくなった
おしっこの回数が減った
おしっこの量が少なくなった  
おしっこの匂いがキツくなった
ウンチの量が少なくなった
排便姿勢はとってもなかなか出ない
2〜3日便秘のことがある
血便をするようになった


0





【運動】


歩くスピードが遅くなった
覇気がなくぼとぼとした感じで歩く
サンポの後半、動きが遅くなる(前半飛ばすからね)
今まで飛び乗れたところに飛び乗れない(リトライして乗る)
階段の上り下りが上手にできなくなった
ふらついたり、つまづく事が増えた
フセから立ち上がるのに時間がかかる
脚を上げてオシッコできなくなった
脚をかばうようになった
動くのを嫌うようになった

1.5





【感覚器官】


動くものを目で追わなくなった
薄暗いところで動き回れなくなった
段差でつまずくようになった
人の帰宅や騒音にも反応しなくなった
飼い主の指示を無視するようになった(散歩限定頑固チャン)
食べ物など香りに気づかない事がある
足先や顔を触っても気づかない
壁や空中をじっと見つめる
なんでもない事に驚く・吠える
よだれが出たり、ふるえたりする

0.5





【被毛皮膚】


人間で言う白髪が目立ちはじめる(ブリンドルだからね)
体毛は艶が無くなり、密度は薄くなった
フケが目立つようになってきた
肌の張りがなくなってきた
換毛期でないのに抜け毛が多くなった
被毛の伸びが悪くなってきた
局所的な脱毛がみられる(ガリガリほっぺの禿げが治らん)
できものができやすくなる
皮膚にいぼのようなものがある(イボみっつ)
最近ブラッシングしていない


2.5





【意欲の変化】


いろいろな物事に無関心になった
遊んでもすぐに飽きてしまう
サンポに行こうとせがまない  
サンポに行っても喜んでいる様子が見られない
サンポの後半、動きが遅くなる(前半飛ばすのさ)
お出かけしても、すぐに疲れてしまうようだ(車のお出かけは一大イベント)
他の犬や猫などに、あまり興味を示さなくなった
なでたり抱き上げたりしても、喜ばない
動くのが億劫になる
飼い主を出迎えなくなる(珍しく寝入ってたんだな)


2.5





【痴呆】


昼夜を問わず一日中寝ている
排尿・排便のコントロールができない
飼い主の事が分からず名前を呼ばれても反応しない
他犬に興味を示さない
分離不安がひどくなった
異常に食べるがゲリもせず太らない
注意力や警戒心がなくなり、無目的に動く
狭い所に入りこんで出てこられなくなる
ぐるぐる同じ場所を何回も回る
夜、単調な声で鳴き続ける


0





【食欲】


食欲にムラがある(食べないときもあるよ)
食べ物にあまり興味を示さなくなった
食べ物に執着、幾ら食べても食べたがる(あげなきゃ諦める)
食べ物の好みが変わった
食餌や飲み水を口の端からこぼす
いつも通りの与え方なのに食べにくそう
固いモノが食べられなくなった
よくノドに詰まらせたり吐くことがある
よく食べるのに痩せ気味
病気で食餌が難しい


1





【心構え】
※NOの数をカウントします。

日々のスキンシップで早期発見
サンポ・運動を日課とする(日課ぢゃない)
食餌や飼育環境を見直す
コミュニケーションはゆっくり・優しく
特別はストレス
過干渉もほどほどに
定期的な健康診断
なんでも老化で片付けない(そう思いますが....)
信頼できる主治医を見つける
後悔しない行動をとる(そう思いますが....)


2




Wendy Total 15/100点





お疲れチャンなんらわ....


まだまだこれからかな.... とは思ってます。
なんなら飼い主の方がヤバいね。冷汗


10歳なったら、またチェックしてみたいと思います : )


See you around!!
| Senior Life | 19:52 | - | - | |
シニア犬の過ごし方(夏季)


この暑さには、まいるねぇー。



いきなり雷雨(汗)それでもクーラーのかかせない日が続いております。
今までバテ知らずのキャスさんでしたが、今年は去年の夏との違いが感じられ
やはり人間とは違う早さで、刻々と時を刻んでるんだなと思わされる今日この頃・・・



そこで今日は、シニアライフの第3弾!
飼い主が気になる夏場の過ごし方について、ざっくり纏めてみました。



シニア犬の過ごし方について(夏季)



気温22℃、湿度60%を超えると犬は熱中症になる可能性が高くなるといわれてます。
夏の不安定な天候や激しい温度差は、体調を崩しやすく
冷房の効いた室内であっても、床面近くにいる犬は、クーラー病にかかる可能性も大。



シニア犬になると代謝機能が低下し、寝ていることも多くなります。
体を動かさない分、必然と水分量も減り、一段と堪える季節・・・
特に夏場は、飼い主の十分な配慮が必要とされますね。



愛犬の快適な環境作りに努めましょう!



常に新鮮な水を用意(一日に必要な水分量の目安:犬の体重×50cc)
水分補給になるような食餌の工夫
冷房による冷え対策を兼ねた寝床
トイレを清潔に保つ



ご存知のとおり犬は汗をかきません。
正確には毛で覆われた体に汗腺はなく、肉球にわずかな汗腺があります。
犬は人間のような発汗の代わりに、ハアハアと呼吸を繰り返して放熱させる
『 パンディング 』 によって熱を下げ、体温調節をしていますが



フレンチブルドッグのような短吻犬種は



喉頭が狭く、軟口蓋が気管の入り口に近接しているのが特徴。
他犬種よりも呼吸機能が劣るため、体温調節のコントロールが難しい犬種です。



体の熱がこもり体温が上昇すると脱水症状を起こす
血液の濃度が濃くなると、血液循環が悪くなり酸欠状態(チアノーゼ)
更にひどくなるとショック状態で死に至る



夏場の散歩(外出)は涼しい時間帯が鉄則。
クールカラーやアンタイなど、暑さ対策をしてあげるのが定着してきたようです。
シニア犬は、朝晩の湿度や気温が高い日ならば無理をせず、させない事も大切です。



キャスもウエンちゃんと比較するとパンディングが長引き
散歩後は、なかなか呼吸が整わず、いつまでもハアハアするようになりました。

 そんなとき?

 
 乾いたバスタオルを冷凍庫に入れ冷やしたものを
 全身を覆うようににて、パフっとかけてやります。
 
 
 バスタオルのこもった冷気を吸い込み
 パンディングも止んで、キャスさんモフっ。
 心地よいクールダウンです。


この方法、5〜6年前に見つけた
海外のボクサーを飼っている飼い主さんがやってた方法。まっパクりです(笑
その時は今みたいな便利グッズがなかったので・・・・



French_Bulldogオラは今でもバスタオルがお気に入りれし。



ではまたね☆



COMMUNITY:フレンチブルドッグひろば
French_Bulldog_community
| Senior Life | 17:43 | comments(6) | trackbacks(0) | |
シニア犬の食餌について


光合成中のオラ。今日も眩しくこんちょは。


愛犬は拾い食いをしない限り、飼い主から与えられた食餌を口にするのみ。
普段何気なく食べてる 『 食 』 はとても重要ですよね。


8月でキャスさんも8歳。今年の夏も元気バリバリに過ごしてもらいたいと願いつつ
今日はシニアライフの第二弾!
医食同源的シニア犬の食餌についてざっくり纏めてみました。


高齢期になると、新陳代謝も悪くなり消費カロリーが減りますが
健康であれば食欲そのものは、あまり衰えることはありません。
維持期と同じ食餌を与え続けていると、カロリーオーバーとなり肥満の原因に・・・・


シニアになったら
徐々に高タンパク質・低脂肪・低カロリーの食餌に切り替えましょう。


消化吸収の良い高タンパク質を適量摂取する
(代謝機能低下によりタンパク質をうまく分解、合成できなくなる)

低脂肪・低カロリーにする
(運動量の減少により体が必要としているエネルギーも減少する)

適度な食物繊維とビタミンを摂る
(胃腸の働きを整える効果と免疫機能低下を補う)
※健康な犬の場合ビタミンCは体内で合成できるため必須ビタミンには入っていません。


肥満になると、様々な健康障害を起こします。
様々な障害は、肥満体に関わらず、高齢期になると現れやすいので注意。


関節など運動機能関係の障害
心臓などの循環系の病気や呼吸の障害
内臓に負担がかかり、生活習慣による慢性疾患


また肥満とは逆に代謝機能の低下により痩せてしまうケースもあります。


適量を食べても太らない(痩せる)
消化不良による下痢や嘔吐
内臓疾患から起こる湿疹や痒み、腰痛や背中の痛み


このように、適量を食べても太らない、消化不良による下痢や嘔吐を繰り返す場合
体内から分泌した微量の消化酵素で食べ物を吸収していることも考えられます。


っとその前に
蛋白質が栄養になるまでの体のメカニズムを理解しよう。



私たち動物の体は、主にタンパク質からできています。
食べ物から栄養を摂取し、同時に食べ物に含まれる豊富な消化酵素も摂取しています。


タンパク質が栄養素となるには、体内でアミノ酸に分解される必要があり
体内でタンパク質を分解するのに必要な分解酵素プロテアーゼがないと
犬も人間も食べ物からタンパク質を吸収することができません。


分解されたアミノ酸を吸収して、はじめてタンパク質は栄養素になります。


この分解酵素プロテアーゼは、犬も人間も体内から微量に分泌されており
ある程度の消化吸収はできます。
しかし、微量な酵素で食べ物を消化吸収し続けていると、内臓は大忙し!
痩せる、肌荒れ、最悪、内臓疾患(膵外分泌不全)に陥ってしまうこともあるのです。


内臓の負担を軽減するためには、タンパク質の分解を助ける酵素を食材から補うこと。
適度に肉(魚)や野菜・果物を生で食べるのがよいとされてます。(酵素は加熱すると壊れる)


【食材から酵素を摂る→蛋白質消化吸収の効率UP→毛艶よくアレルギーが出難い体】
【蛋白質の過剰摂取を避ける→涙ヤケ防止】



ドッグフードの注意点?


ドッグフードは高熱で加工するため
原材料に使用する肉や野菜の酵素が壊れてしまう可能性がある・・・・
先述のように、ドッグフードから酵素が摂れなければ
犬は体内から分泌した、微量な酵素で食べ物を消化吸収し続けなければならない。


酵素が摂れないフードを食べ続けてる犬は
食べても太らない、消化不良による下痢や嘔吐を繰り返す、
内臓疾患から起こる湿疹や痒みが現れることが想定できるのです。


ドッグフードを選ぶとき、原材料ばかりに気をとられ重要な酵素は案外盲点。
酵素が配合されたドッグフード、或いは適度に食材から酵素を補えるようにしてあげたい。


手作り食の注意点?


食物に含まれるビタミンや消化酵素は、熱に弱く加熱すると壊れてしまうのが弱点。
また犬は腸が短いため野菜の消化が苦手な仔が多いと言われている。
手作り食は、市販フードが謳ってるようなパーフェクトな総合栄養食となると難しいが
健康な生体であっても、毎日がパーフェクトに体調が良いわけではない。


日々の体調を見ながら、食材、食感、調理方法や匂いなど
愛犬が喜ぶように調節がとれることは、手作り食の利点。
栄養バランスに注意し、適度な生食で消化吸収の効率を上げる食餌作りを心掛けたい。


病気を患ってしまった場合、悪影響な食材もあり。
療法食を作る場合は獣医と相談した上、病気に合った食材に切り替えるのが肝心です。


食べるときの注意点(高齢期)


慌てて食餌を食べさせると、大量の空気を一緒に飲み込み胃から出てこないときがあり
胃の中で毒素が発生し、空気嚥下症という病気の原因になります。
特に高齢犬には、空気嚥下症を防ぐことが大切。


食餌中は興奮するような状況をつくらないよう注意し、慌てて食べさせないようにする。
興奮が治まらないようであれば少しずつ分けて与えるなどの工夫をします。
高齢犬でなくても、若い大型犬や短頭種が比較的この空気嚥下症を起こす傾向にあり。
フレンチブルドッグも要注意です。


当ブログに記載した事項は、飼い主の備忘録としてUPしました。
この様な疾患がみられる場合は、必ず専門の獣医さんへご相談下さい。


以上、長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございましたm(_ _)m


ではまた☆


COMMUNITY:フレンチブルドッグひろば
French_Bulldog_community
| Senior Life | 13:22 | comments(4) | - | |
シニア犬の過ごし方(冬季)


シニアなんて失礼なっ!いつまでも若々しくがオラのモットー!


年甲斐もなくキュートな服を着せられハッスルする男キャスパーです。こんちょは。
どうです?かわゆ〜く似合ってますか(笑
犬っコロは元気ですが飼い主風邪ぴき。かなり長引いてます(ゴホゴホッ
みなさんも気をつけてくださいね。


さて昨年シニア犬の仲間入りをしたキャスパーさん
まだまだ若いからいいやと思っていたものの
ウエンちゃんと比べると、なんだかとっても爺臭さを感じるようになりました。


ちっこいシコリができたり
ときおり膝がパキパキ鳴ったり
相変わらずドライアイで目も不調
血尿垂らし騒動なんてのもあったり!?
すでにヨレヨレ爺さんみたいだってばよ(爆


まま細かい事を言ってたらきりが無いが、今のところは健康上問題ないので
これといった病気を抱えていないだけでも良しと思っています。


犬は人間の何倍よりも速く成長し、見た目は変わらなくてもあっという間に年を取り
知らず知らずに無理をさせてしまう事なども、あるかと思います。
6〜7歳で老化が始まり、7歳を過ぎたらシニアを意識して生活する!
飼い主がちょっと意識することも、愛犬の長生きへと繋がるそうですよ。


でも、元気なうちは極端に接し方を変える必要はありません。


なので、ブログのカテゴリにシニアライフを追加し
今後気になることがあれば、少しずつアップしていこうと思ってます。
とりあえず第一弾は、シニア犬の冬場の過ごし方を、ざっくりと纏めてみました。


シニア犬の過ごし方について(冬季)


生まれてこの方、寒中でも裸族で過ごしてきましたが
まずは気温の変化で体調を崩さないよう
寒さが厳しい日は、服を着せ冷え防止対策(今年から実施・笑)


関東育ちのキャスさんは気温8度以下ぐらいでしょうか?
てか飼い主が"うぅ〜さむっ"と感じるぐらいの気温です。


因みに少々服嫌いな傾向があるキャスさん
ストレスを感じない服が唯一ノースリーブであります(笑



写真はいいが、散歩はまだかっ!?


シニア犬になると新陳代謝も悪くなり消費カロリーが減るため
徐々に体重が増えてきたります。
適度な散歩・運動を続けることは体重維持の他に


 筋力の維持
 ストレス解消
 日光浴で皮膚予防
 血行がよくなり関節炎の悪化防止
 トイレの頻度が増す(膀胱炎や結石予防)


などなどが挙げられ、とても大切です。
しかし老化とともに筋力の衰えや抵抗力の低下は防げません。
若い犬と比べると疲れやすいので


運動時間は短くし、散歩はゆっくり歩くようにする。
無理な運動をさせない。
気温の差が激しい日、または体調が優れない日は散歩を控える。
後ろ足のふらつきが目立つようになったら、ハーネスに切り替える。


など注意も必要。さらにもっと年を取ると五感が衰え


視力が落ち暗くなり始めると外に出たがらなくなる。
耳が遠くなり、言うことを聞かなくなったように感じる。


などが挙げられるようです。
シニアになると躾とは関係なく(多少あるかもしれませんが)
わがままや頑固が目立ってくるワンちゃんも多くなりますが
これは愛犬がいろいろ考えた上での「イヤ」の合図。
飼い主に伝えたいことがあると考えてから接してあげるよう心掛け
好きなことや興味を持ったことをやらせてあげるのも若さを保つ秘訣に繋がります。


お互いを理解しあい心と心の会話を楽しめるのもシニア犬との暮らしならでは!
さあキャスさんも犬生の折り返し地点。
毎日元気にシニアライフを過ごせるよう、飼い主も徐々に意識していこうと思います。

次回はシニアの食餌について書いてみますね。ではでは。

 
| Senior Life | 14:30 | comments(10) | trackbacks(0) | |
| 1/1PAGES |



TOP PAGE▲